【就活・転職】時間が無い人の為の時間の活用方法!?

就職活動や転職活動をするにもいろいろと準備が必要です。

企業の事を調べたり、自分のPRを考えたり、またはどんな職種の仕事に応募しようか・・・などなど、時間はいくらあっても足りません。

気ばかりが焦る中、時間だけが過ぎていきます。

そんないつも時間に追われて切羽詰まっている方の為の【時間の有効な使い方】です。

時間に優先順位をつけよう!

1日の時間はどんな人であれ24時間です。

同じ与えられた時間をどうすごすかで、結果が変わってきます。

色々としなければならない事は多いですが、1日の行動を優先順位を決めて時間を割り振ってみましょう。

  1. 必ず行わないといけない事
  2. 今後の成長の為にするべき事
  3. 重要ではないが行っている事柄
  4. しなくてよい無駄な事

大きく分けて、時間は上記の4つに分類できます。

 

1は差し迫って必要な事柄です。

様々なセミナーや申し込み締め切り日、面接などです。

遅れては駄目な用事や今日しておかなければならない事です。最重要事項ですので、忘れずしっかりと行いましょう。

 

2は今後の就職活動・転職活動に役立てる為に、自分を成長させる為に行っておいた方が良い事柄です。

 

3は日々のルーチンワークで行っている事です。

自分の成長には繋がらないけれども、用事として時間を割かれるこまごまとした事柄です。

 

4は無駄な時間です。ゲームをしたり、テレビを見たり、友人と長時間話したり・・・

無駄か必要かはその人その人でケースバイケースだと思いますが、1日の中で一番削減できる時間です。

成功している人のパターン

成功している人と、上手くいかない人の大きな違いは、2番と3番の時間の使い方です。

AさんもBさんも4番の無駄な時間を削って、同じだけ頑張って活動しているとします。

ですが、Aさんは2の自分を成長させる時間に多くの時間を割き、Bさんは3の日々のルーチンワークで時間を削られ忙しくしています。

 

同じだけ頑張っているように見える二人ですが、今後大きな差がついて成果が出てくるのは2の自分を成長させる為に多くの時間を割いたAさんの方です。

 

就職活動・転職活動だけでなく、今後の社会生活で大きく成長し活躍できる人は、2の自分を成長させる為の時間を大切にします。

日々の成長は微々たるものかもしれませんが、積み重ねがライバルに大きな差をつけていく結果となりますので、ぜひ自分が1日の時間をどう使っているかを見直して行動してみてください!