履歴書やエントリーシート、面接時などにおいて【人より優れている所はどこですか】という質問をよく見かけます。

抜きんでた能力を持っている人でなければ、なかなか人よりここが優れている!などと言いづらいものです。

今回は、【人より優れている所】についてのお話です。

【人より優れている所】という質問への答え方!【就職・転職】

そもそも、面接官はなぜ【人より優れている所】を聞いてくるのでしょうか?

 

面接官は、あなたがどんな人なのかを短い時間のうちに知りたいと思っています。

ですので、この子は何を頑張ってきて、どんな事に自信を持っているのかが知りたいのです。

 

【人より優れている所】は正直に全ての人と比べて答えなくても良いと思います。

あなたの中で、一番自信のあるポイントを答えるのが良いのではないでしょうか。

ただし、嘘をついて誇張してはいけませんので

『人より優れているかどうかは判りませんが、こういう所は他の人より努力していると自信があります。』

などと、本音でぶつかっていくのが良いと思います。

 

また、社会に出ると強いメンタルも求められます。就職しようとしている企業が競合ひしめく荒波にもまれている会社ならば、社員にも他の人に負けない強いメンタルを求めている会社もあります。

【人より優れている所】をアピールする方は、やる気とパワーに溢れているように感じられるかもしれません。

質問されて、『特にありません』と答える人も正直なのかもしれませんが、どんな人間なのかも伝わりません。

自分のアピールポイントをしっかりと見直しておきましょう。

大切な事

面接において、一つ一つの質問にしっかり答える事は大切ですが、もう一つ大切な事があります。

 

それは

 

この人と一緒に仕事がしたい!

 

そう面接官に思ってもらえるかどうかです。

【人より優れている所】をしっかりと答えられなくても、あなたの人柄が良いなと感じてもらえれば、それだけで採用してもらうチャンスはあります。

素晴らしい回答が出来なくても、あなたなりの言葉で本音をぶつけてあなたを知ってもらう事が大切です。

人と比べなくても、あなた自身を見つめて何を一番大切に思い、何を頑張っているのかをもう一度見つめなおして就職に挑んでみてください。

頑張ってください、応援しています!

 

TwitterやFacebookで是非多くの方へお伝えください。