就職・転職活動の面接において、緊張してしまう原因の一つとして重大なものがあります。

この要因を残したまま面接に挑むと、かなりの確率で失敗してしまうでしょう。

原因を理解して、自分の中で解決してから面接に臨むようにしましょう!

また、面接で緊張しない為に行っておくとよい方法をお伝えします。

【就職・転職】面接で緊張する原因の一つが合否に深く関わってくる!

以前の記事でお話させて頂いた【面接で頭が真っ白にならない方法】では、【相手の話を聞く】事が重要だとお話しました。

 

今回は、面接で緊張してしまう原因の一つに、合否に大きく関わってくる要因がありますので、そこだけは解決して面接に臨んでほしいと思います。それは・・・

 

嘘を付かない!!

 

という事です。履歴書やエントリーシートに誇大広告のように自分を着飾る文章を書いてしまっていたり、面接時に聞かれた事に心にもない返答をしてしまったりすると、それが原因でとても緊張してしまいます!

 

また、面接官に嘘は大抵バレています。

 

そうなると、その会社での採用確率はかなり低くなってしまうでしょう。

【面接時にこれだけは絶対にしてはいけない事】

でお伝えした内容と被りますが、最重要な事項なので重ねて心に留めておいてください。

面接で緊張しない方法

人間の得意とする能力の一つに、【慣れる】というものがあります。

面接も、1回目よりも2回目、3回目の方が話す内容も整理されて面接官を前にしても初めての時よりは心に余裕を持って受けれるはずです。

単純な事ですが、本命の企業を受ける前に何社か面接を受けてみてください。

 

自分が伝えたい内容もシェイプアップされてより伝わりやすい文章にする事が出来ると思います。

 

今回は、面接で緊張する原因と、緊張しない方法のお話でした。

頭の中を整理して、頑張って面接に臨んでください!

 

TwitterやFacebookで是非多くの方へお伝えください。