就職・転職活動で一番の難関は、面接ですよね。

どんな事を聞かれるのだろうか、会社の理念や業績などはしっかり頭に入っただろうか?

自分のアピールポイントを上手く伝えられるか。

色々な思いが交錯して、時に頭が真っ白になってしまう事もあるかと思います。

今回は、【面接時において頭が真っ白にならない方法】のお話です。

【就職・転職】面接で緊張して頭が真っ白にならない方法!!その1

会社の面接に臨むにあたって、自分の長所・短所を明確にしておく事はもちろん、その会社を志望する理由などをしっかりと書き出しておく事は重要です。

ですが、それは誰もが行っていること。

 

大切なのは、自分の考えを面接時にしっかりと伝える事が出来るかどうかです。

 

緊張してしまうのはしょうがない事です。面接官も、この子は緊張しているから不採用などと、緊張の度合いで合否を決定する事はありません。

ですので、しっかりと伝える事が出来れば見栄えは悪くても問題はありません。

 

問題なのは、せっかく色々と考えて面接に臨んでも、頭が真っ白になって何も伝える事が出来ない事です。

 

頭が真っ白になって、何も伝える事が出来なければ、自分を知ってもらう事が出来ません。

そうなると、その会社での採用はかなり遠のいてしまうでしょう。

 

面接時に真っ白にならない為に重要な事

面接時に、志望動機を聞かれたらこう答えて・・、長所を聞かれたらこれを話そう、学生時代の思い出を聞かれたらあれを話そうかな、、

などと、面接中に頭の中でグルグルと考えていると。

頭の中はそれだけでいっぱいいっぱいになってしまいます。

 

そんな時に思いもしなかった質問を突然されると、どう答えて良いか分からず頭が真っ白になってしまう事があります。

 

このような事態を解消する一つの方法があります。

 

相手の話をしっかり聞く事!!

 

これが重要なポイントです。

この方法は、某有名俳優さんが実践している方法で、様々な場面でスムーズな受け答えをする為の1つの方法です。

 

面接時にどのように受け答えをするかは、事前にシミュレーションを行い、自分の長所・短所、その会社の志望動機などもしっかり考えておきます。

考えておくのは、面接室に入る前までにしておいて、いざ面接官の前に立ったら【相手の話をしっかりと聞きましょう!】

 

面接といっても、人と人との会話です。コミュニケーションです。

相手の話をしっかりと聞く事に集中すれば、自然と答えは出てきやすいものです。

緊張して普段通りにはいかないかもしれませんが、頭の中がグルグル渦巻いている状態よりはよっぽどスムーズに受け答えが出来るはずです。

面接官も、あなたがどのような人なのか知りたいだけなので、しっかりと会話をして会話の中であなたを伝えるように心がけてみてください。

きっと上手くいくと思います。頑張ってください、応援しています!!

 

今回は、面接時に頭が真っ白にならない方法でした。

お役に立つようでしたら幸いです。

 

TwitterやFacebookで是非多くの方へお伝えください。