就職・転職失敗談から見る成功への道!第四話

次の2つのお話は、ハローワークや転職エージェントを活用した方のお話です。

なんでもストレートに伝えると良いわけではなさそうです。

 

私が転職活動で失敗したと、はっきり考えられる出来事があります。

それは、転職サイトから応募した企業から、書類選考通過の連絡をいただいて、1次面接の案内をいただき、面接試験に臨んだときのことでした。

面接官は、人事部の採用担当の方でした。1次面接では、まず私が自分の職務経歴を説明し、それから転職活動をしている理由を説明したのです。そのあとは面接官と私との間の質疑応答となり、まず面接官が私に次々と質問をしてきました。

その質問のなかで「数多い求人案件のなから弊社を選んだ理由はなんですか?」というものがありました。
「どうして弊社を選んだのですか?」という質問は、別の会社の採用面接でも必ずありました。おそらく、人事部の採用担当者の間ではマニュアル化されている質問なのだと思います。私は内心「まただ」と思ってしまい、正直に答えてしまったのです。

私は経理部門を長年歩んできた人間ですので、このように答えてしまったのです。

「実はその質問は他の会社様でも必ず聞かれるのですが、正直申し上げて、どうしても御社じゃなければいけないということで応募したわけではありません。私はどうしても転職に成功しなければならないという強い思いで、多くの会社に応募をして、書類選考を通過した会社様の採用面接に臨んでいます。私は経理の人間ですから、どの会社でもやる仕事は同じです。ですから採用されれば精一杯仕事をやらさせていただきます」と言ったのでした。

私が話しているあいだ、面接官は嫌な顔をしていました。そして、その会社は落ちました。

私はそれから採用面接試験にどうすれば通過するのか悩んでしまい、その対策として、転職エージェントに登録し、コンサルタントに相談をしました。そして転職エージェントを通じて求人案件に応募をするようにし、採用面接試験の前には、コンサルタントから模擬面談をしていただき、「どうして弊社を選んだのか」という質問への効果的な回答方法も伝授していただき、面接試験に臨んだのでした。そのおかげもあり、最終的には私は転職に成功できました。

 

在職中に早く次の仕事を決めようと焦るあまり転職活動の方法や受験する企業の事など下調べもせず臨みました

最低限のマナ-として思っていた事
郵送する時は書類は折らずクリアファイルに入れる
添え状と職務経歴書はパソコンで作成し履歴書サイズに合わせる
履歴書は手書きの方が良いと聞いていたので手書きで作成

それに加えてハロ-ワ-クや転職支援サ-ビスを利用し書類添削や面談を行って頂きました

すべての書類を履歴書サイズに合わせるのは当たり前
履歴書もパソコンで作るのが常識
職務経歴書は簡潔に作る
履歴書の写真は他人に見てもらい決めるのがベスト

との事で上記は全て修正しました

経験職種への転職でしたので応募した企業の事はだいたい分かっている「つもり」でしたが本当に「つもり」だったのです
ネットで調べられるので簡単だと思っていたのです

面接に行くと答えられない事が多くありました
企業の調べ方はハロ-ワ-クに相談しました
ハロ-ワ-クから応募した企業でなくてもある程度の情報は持っているので指導してくれます
面接担当者の癖だとかこういう子が採用されている。など

転職支援サ-ビスは人材派遣会社を利用しましたので自分に合う企業などの選定もしてくれました
私は転職支援サ-ビスの方が合いました
取り扱っている企業の事をきちんと分かっているのでハロ-ワ-クより細かい支援が受けられます

事実、転職支援サ-ビスの方を介してある企業様と面接の練習を行いアドバイスを受けました
何が足りないのか、必要以上の話をしていないか、面接を受けるまで待ち時間の使い方などを見られていました

面接を受ける時は気を付けていても待ち時間などは気にしていませんでしたので目からうろこでした

転職支援サービスを活用する

転職支援サービス、転職エージェントではその人その人に合ったアドバイスをしてくれます。

模擬面接の実施から、あなたに足りないポイントや持っているスキルの上手な伝え方、あなたの力が企業のどのような所に役立つのかなど自分では気付いていなかって点のアドバイスなどもしてくれます。

また、面接の待ち時間に気を付けているか、必要以上に話をし過ぎていないかなど、自分の意識外の注意点なども教えてくれますので、是非活用してみてください。

転職エージェントでは、【人と企業を結び付ける事】が最大の仕事ですので、あなたの就職が成功するように全力でサポートしてくれるはずです。是非頑張ってください!