就職・転職失敗談から見る成功への道!第三話

次の方はパワハラ・セクハラのブラック企業で半年で退社を余儀なくされてしまった方です。

その後、再就職における転職活動で大変だった事とその乗り越え方のお話です。

 

私が新卒で入った会社は、残業代を払わない、パワハラ・セクハラが横行している、いわゆる「ブラック企業」でした。

一年は頑張ろうと思うも心身の調子を崩し半年で退社。転職活動を再開するまでに半年ほどの休養期間を設けました。

再就職活動で最も苦労したのは面接で訊かれる、前職での早期退職理由と、退職後の空白期間について。

はじめのうちは正直に理由を話していました。大抵の面接官の方は私に同情してくれるような態度だったので、私の方もそのような受け答えでよいと思っていました。しかし、面接の結果は失敗続き。
何故かと理由を考えた結果、いくら私の方が間違っていないとしても、企業の方からすればたとえブラック企業であっても一年も保たない社員は欲しくないでしょう。

それに気付いてからは退職した理由と、その後の空白期間についてポジティブに答えるようにしました。

たとえば、早期の退職については「前職での業務を続ける内に他方面への興味が出てきて、その分野で働くために早い内に退職した」、空白期間に関しては「御社での業務に役立てるように資格等の勉強をしていた」等と答えるようにしました。

もちろんそれだけで早期退職と空白期間という事実が変わるわけではないので、簡単には就職することはできませんでした。

しかし書類選考の通過率は確実に上がり、面接での面接官とのやりとりも業務の具体的な内容に踏み込むことが多くなり、手応えは感じるようになりました。
結果、三ヶ月ほどで内定をいただき、大きな会社ではありませんがそこで事務職につくことができました。

 

どのような理由があったにせよ、起業は会社に利益をもたらしてくれる人を採用します。

このように、半年で退社を余儀なくされる場合でも、その後の社会復帰には活力を持って自分という人間をいかに魅力的に感じてもらえるかがポイントとなってきます。

半年での退職後、成功する秘訣とは?

半年で退職してしまう人の退職理由は人それぞれ、さまざまな理由があるでしょう。

今回の体験談の方のように、どうしても退職を余儀なくされる場合もあります。

このような方はとても素直で良い人である事が多いのですが、企業側はそのような内面の部分までは深く付き合ってみないと見えてきません。まして、会社の面接で数十分話すだけでは見えずらいものです。

企業にとっては、この人が会社に入ってどれだけ頑張って会社に貢献してくれるかをポイントとして見ています。

 

過去の大変だった事や、マイナスとして捉えられてしまうような出来事は極力サラっと流し、今現在どのようにプラスに転化しているかを力強く伝える事が必要となります。

半年で退職した事には、理由があるはずです。

半年で退職した理由を乗り越える力強い精神力と行動力を今の自分にプラスして、再出発出来るよう頑張ってください!

 

成功への道は、失敗の経験を活かす事で成功へと近づけます。皆様のお役に立てる事を祈っています。